~プラウドワン売却査定~ 付帯設備の保証はある方がいい?

不動産売却査定

こんにちは!淀川区売却専門店【プラウドワン】の売却査定担当の南です。

≪プラウドワン売却術では、売却査定担当である私自身が、売却をご検討されている売主様とのお話の中で、多くの売主様より実際にお聞きした【疑問】を基に、分かりやすく解説しております。~これから売却をご検討されている売主様の疑問を、少しでも払拭できればと思います~≫

本日は、≪付帯設備の保証はある方がいい?≫についてお話をします。

中古物件を購入される際に一番多くの質問を受けるのが、付帯設備の故障や不具合が購入後に発生しないか?また、交換する必要はあるのか?です。

まずは簡単に、代表的な付帯設備の範囲をご紹介します。

≪代表的な付帯設備≫

① 浴室&浴槽

② システムキッチン(ガスコンロ・IHクッキングヒーター・レンジフード・ビルトイン食器洗乾燥機・ビルトイン浄水器・ディスポーザー・シンク水栓/排水。等)

③ トイレ(本体・機能付き便座・ロータンク・手洗器・換気扇。等)

④ 給湯設備(給湯器※操作パネル含む)

⑤ 洗面室(洗面化粧台・水栓・換気扇・洗濯用水栓・洗濯機パン。等)

⑥ 居室(ビルトインエアコン・床暖房システム)

新築物件で購入すると全ての設備が新品なので気になりませんし、メーカー保証も付いています。ですが中古物件となると、現所有者様の使う頻度や経年数によっての機能低下も当然にあり得ます。

基本的に中古物件は、現状のままでのお引渡しとなります。

ですが、新しく購入する側は、これから新しい新生活が始まる中で、入居後にいきなり設備が故障したとしたら、予定外の出費となり、少し嫌な気分になると思います。

そこで当社では、①~⑥の付帯設備に対して、売主様に引渡しまでに付帯設備保証に加入されるのをお勧めしております。

付帯設備保険に加入することにより、不動産に”付加価値”を付ける事ができます

付加価値を付けることにより、売主様の不動産売却を有利に進めることが出来ますし、買主様も安心して購入する事ができます。

万が一、お引渡しした後に設備故障があった場合でも、保証に加入していれば保証会社に全て対応も任せることができるので、お互い嫌な気分にもなりません。

より詳しいご説明を希望される売主様は、一度、当社までご連絡を頂ければ幸いでございます。

査定は無料です。

不動産売却査定は【24時間】受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!

淀川区の一戸建て・マンション土地不動産売却は、淀川区売却専門店【プラウドワン】にお任せくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました