~プラウドワン売却査定~ 売却時に必要な費用は?

不動産売却査定

こんにちは!淀川区売却専門店【プラウドワン】の売却査定担当の南(みなみ)です。

~プラウドワン売却査定~では、私自身がご売却をご検討されている売主様とのお話の中で、多くの売主様より実際にお聞きした≪疑問≫を基に、分かりやすく解説しております。これから売却をご検討されている売主様の疑問を、少しでも払拭できればと思います!

本日は、≪売却時に必要な費用は?≫についてお話をします。

基本的に、3つの費用だけです。

① 仲介手数料(3%+6万円×消費税)※400万円以上場合の計算式です。

② 売渡(抹消)費用 約4~6万円前後です。※抹消は抵当権が設定されている場合。

③ 印紙代(売買契約書に貼付します)10,000円 ※1,000万円~5,000万円以内の場合。

購入時に比べ、売却時に必要な費用は思ったより掛かりません。

しかし、売主様よりよくお聞きするお話があります。それは、≪ 仲介手数料 ≫です。

仲介手数料が割と掛かるんですね・・・、このままだとローンの残債を割ってしまいそう・・・、といったお声です。

売主様のご売却理由は様々だと思います。

せっかく売却するのに、少しくらいは≪ お手元 ≫にお金を残されたいと思います。

そこで、当社でご売却をされると、≪ 仲介手数料 ≫が半額になります!

さっそく、通常の場合と半額の場合とで、費用の比較をしたいと思います。

それでは、3,000万円のマンションを売却する際に必要な諸費用を見ていきましょう。

【 仲介手数料 】

≪ 通常 ≫

3,000万円×3%+6万円=960,000円×消費税=1,056,000円

≪ 半額 ≫

3,000万円×3%+6万円=960,000円×消費税=1,056,000円÷2=528,000円

通常の場合と半額とでは、差額が528,000円もあります。この差額で、次のお引越し代や、新居の家具の新調にも回せそうですよね。

不動産売買では、とても大きなお金が動きます。当然に、費用も大きく動きます。

しかし、当社では少しでも売主様の負担を軽減し、少しでも利益還元をしたい。という想いで営業活動をしております。

そもそも仲介手数料の3%+6万円は、宅建業法上の法定上限額なのです。

会社によっては、正規手数料などの表現をしているようですが、正規手数料では全くありませんし、その表現の時点で間違っています。

法定上限額ということは、それ以上は無理ですが、それ以下の半額にしても、法的に全く問題が無いのです。

少しでも費用の負担を減らしたい、お手元にお金を残したい、とお考えの売主様は、

是非一度、当社までお問い合わせ頂けますと幸いです。

ご売却に向け、しっかりと丁寧にサポートさせて頂きます。

不動産売却査定は”無料”です。

査定は【24時間】受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!

淀川区の一戸建て・マンション・土地の不動産売却は、淀川区売却専門店【プラウドワン】にお任せくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました