~プラウドワン売却査定~ 買い替えしたいが、スムーズに売却できる?

不動産売却査定

こんにちは!淀川区売却専門店【プラウドワン】の売却担当の南です。

≪プラウドワン売却術では、売却担当である私自身が、売却をご検討されている売主様とのお話の中で、多くの売主様より実際にお聞きした【疑問】を基に、分かりやすく解説しております。~これから売却をご検討されている売主様の疑問を、少しでも払拭できればと思います~≫

本日のお題、≪買い替えしたいが、スムーズに売却できる?≫について、お話します。

※現在の不動産に、住宅ローンが残っている前提でのお話になります。住宅ローンが無い場合は、自由に買い替えが可能ですが、住宅ローンが残っている場合、基本的に2つ同時に住宅ローンを組むことは出来ません。

まず、買い替えの場合に大きく考えられる方法は2種類あります。

① 先に希望する不動産を購入する

② 現在、居住中の不動産を先に売却する

①は、売却する前に気になる不動産を内覧をして頂き、気に入った不動産があれば購入する。という流れです。

まずは、メリットから。

(1)本当に気に入った不動産を購入する事ができる。※焦ったり、妥協せずに購入する事ができる。

せっかく買い替えするのだから、本当に気に入った不動産を購入したいですよね。

しかし、①の方法にはデメリットもございます。

(1)買い替え先の不動産の売主が希望する引渡しまでの期間が、不動産によりバラバラである。理由⇒ 新築戸建て(完成済み)等の場合、売主が不動産業者の場合は、商売として販売しているので、早くキャッシュにしたい。という要望がありがちです。よって、中々、こちら側の考えている引渡しまでの期間の都合と合わないケースがあります。

2)仮に、購入した不動産の契約から引渡しまでの期間が2ヶ月迄しかない場合は、2ヶ月まで以内に売却を済ませないといけないので、場合によっては、希望していた金額より大幅に割り込んで(現在の住宅ローンの残債を割り込む。または損をして)売却しないといけなくなる。要は、損切りのような売却になる可能性があります。

次に、②のメリットです。

(1)希望する価格で売却できる可能性がある。

(2)ある程度の余裕を持った、長い目の引渡し期間を定めることが可能である。例えば6ヶ月迄などです。※最終、購入される買主の同意が必要になります。そして、期間内に不動産を探して気に入った不動産が見つかれば、前倒しで期間を短縮する。といった方法です。※こちらの場合も、契約をした買主の同意が必要です。

簡単にまとめると、希望する金額で売れる可能性があるし、焦ったり、妥協したりせずとも気に入った不動産を購入できる可能性がある。です。一番、良いとこどりの方法だと私は思います。

そして、②のデメリットですが、

(1)自分の不動産が売出し中に好条件の不動産が出てきたとしても、まだ売れていない為に購入する事ができないので、その間に売れてしまう可能性がある。

考え方にもよるとは思いますが、②の方が、やはり希望する価格で売却できる方が手元にお金も残りやすいのです。また、次の買い替え先の不動産に頭金として入れる事もできるので、支払額の軽減の期待も出来ます。当社のお客様も、②の方法を選択されて売却されている場合が多いです。

スムーズは買い替えを希望される売主様は、淀川区売却専門店【プラウドワン】南(みなみ)のお話を一度、お聞き頂ければと思います。

分かりやすく、丁寧にご説明をさせて頂きます。

査定は無料です。

≪24時間≫受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!

淀川区の一戸建て・マンション・土地の不動産売却は、淀川区売却専門店【プラウドワン】にお任せくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました